読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・けい坊の日記

けい坊が日常を綴る日記。

【DQ10】スライムレース

DQ10

カジノにスライムレースが追加されましたね。私も何度か挑戦して、最終的に180万超のポイント獲得まで漕ぎつけました。

180万を出したときのスライムの能力は以下の通り。

 種族:スライムベス スピード:S ジャンプ:B スタミナ:A MP:B

 特技:ぼうぎょ、無敵アクセル、メラ、バナナセット

スピードSとスタミナAの組み合わせだと、ほとんどの場合スタミナ切れなしで完走できます。そのためスタミナ回復系の特技は覚えさせていません。

基本的な戦略としては、メラ×2、バナナセット、無敵アクセルを適当なタイミングで使っていきます。これでちょうど消費MPが12となり、無駄なく使い切れます。メラ消費MPが1と最小でどんな戦略にも組み込みやすい上に、トップを足止めできるという有用な特技です。ガードされることも多いですが、刺されば一気にまくれるので大きいです。特にチャンピオンシップでは1位を取れなくても2位以内に入れば御の字ですので、単体攻撃技もなかなか有効なのです。

敵の攻撃で警戒しないといけないのはボミエ系ですね。これを食らうと途中でスタミナ切れを起こす可能性が高いです。そのため敵がボミオスを覚えている場合はバナナセットの代わりにぼうぎょを入れるようにしています。同様の理由でどくどくだまも脅威なのですが、バブルスライム系はあまり見かけませんね。

足を負傷

日常生活

足の親指の爪が剥がれるという怪我を負ってしまいました。

高い棚の上にある段ボール箱を取ろうとして椅子の上に乗っていたところ、転倒して負傷しました。

原因は椅子がキャスター付きのものだったことです。今更ながらこれは危なすぎる。面倒臭がらずちゃんとした台を持ってきて作業しないとダメです。当たり前のこと。

この怪我のせいで当面はランニングもできません。というより、歩くだけでも痛みがある。ちょっとした油断が原因で思わぬ事態を招くというのは私の悪い癖です。反省しきり。皆さまはこのような愚行をしないように…。

【DQ10】裁縫職人Lv52

以前の日記でセキュリティトークンを紛失したと書きましたが、捜索の結果発見されました!

毎日DQ10にログインしていれば紛失する可能性は低いですが、しばらく間が空いたりすると危険ですね。というか、キーホルダー型ではなくてスマホアプリに切り替えればいいのかもしれませんが。

久々にDQ10にログインし、裁縫職人のレベル上げに着手。ようやくLv52になって新技を習得するところまで到達しました。

Lv51までのレベル上げでは果敢にもLv85装備を縫って爆死していましたので、低レベル装備からやり直すべきと悟り、原点回帰で無法者をひたすら縫い続けました。無法者の素晴らしいところは非常に売れ行きが良く、在庫がどんどん捌けていくことですね。★★だろうと★★★だろうと、適正価格で1日バザーに並べれば大概売れている。利益は微々たるものですが赤字になることもまずないし、ストレスなくレベル上げできる優良商材です。

以前Lv45から50まで上げたときもほとんど無法者を縫い続けましたが、そのときは奇跡の裁縫針の★なしを使っていました。今は奇跡の裁縫針が非常に高いので、プラチナ裁縫針で縫っています。集中力的には十分ですが、会心率が低くて★★★率が下押しされている感じがするので、プラチナ裁縫針の★★くらいを使うのが良さそうです。

激辛祭り

激辛

新宿・大久保公園で開催されている激辛グルメ祭りに行ってきました。

www.gekikara-gourmet.com

このイベントの存在は数年前から知っていたのですが、行ったのは今回が初めて。

我らが中本も出店していましたので、他には目もくれず中本ブースへ一直線。

f:id:keibou18:20160911210459j:plain

「特製樺太あんかけ豆腐(チャーシューのせ)」というのを注文しました。乗っているのがチャーシューっぽくないのは気のせいでしょうか。

樺太丼の餡とほぼ同一のものが豆腐の上にかかっているというもので、一口食べて「ああ中本だ」とわかる味でした。

今日は第2ラウンドの最終日で、明後日からは第3ラウンドが開始するようです。中本は全てのラウンドで出店しており、毎回異なるメニューを販売するみたいですね。

ドラゴンクエストの世界

DQ10 ドラゴンクエスト 日常生活

ドラゴンクエストオフィシャルコンサートの東京公演に行ってきました。

今回のテーマはドラクエ10で、Ver1.0の音楽に加えてVer2.0、3.0の新曲まで演奏するという豪華ぶり。Ver2.0と3.0の新曲は今回が初演で、非常に期待していました。

果たして、期待以上に今回のコンサートは素晴らしく、メモリアルなものになりました!

f:id:keibou18:20160904104705j:plain

第1部

第1部は新曲が中心。どれもゲーム内で聴けるシンセサイザー音源から迫力が増しています。個人的に特に気に入ったのは「砂漠の王国」ですね。これはアラハギーロ王国で流れているアラビア風の音楽ですが、オーケストラと実に良くマッチしていると感じました。色々な楽器がそれぞれの役割を主張しているところが面白い。

どの新曲も、曲の構成としては2ループしてコーダに行って終わり、という単純なものでした。今後CD化される際にも同じ構成なのか、少しアレンジが入るのか、そこも楽しみなところです。

第2部

第2部の冒頭ですぎやま先生のお話。要点は以下の通り。

  • ドラクエ30周年。これだけ長く続いたのは堀井雄二さんの人柄の賜物
  • 堀井さんとは30年間一度も喧嘩したことがない
  • 雅楽が好きで、宮中での雅楽の演奏会に裏から手を回して入り込んだこともある(笑)なので、「風雅の都」の作曲には力が入った

堀井さんは会場にも来られていて、すぎやま先生の紹介に合わせて立ち上がって挨拶されていました。私はステージ横のテラス席で観覧しており、1階席はよく見えていたので、実は開演前から堀井さんが来ているのが確認できていました。ほかにもスクエニ関係者・ドラクエ10関係者がかなり来ていたようで、確認できた範囲だと前ディレクターの藤澤さん、Vジャンプのサイトーブイさんがいました。

コンサートの後半はVer1.0の既存曲。時間の関係か、「王宮への招待」と「暗闇をさまよう~終焉の迷宮」の演奏はありませんでした。既存曲の中で最も良かったのは「冥府の王」ですね。こういうラスボスとの戦闘曲は生オーケストラで聴くと迫力が段違いです。

そして伝説へ…

第2部のエンディング曲が演奏終了した後、大拍手の中で主席トランペットの高橋さんが徐ろに語り出す。

ドラクエコンサート30周年を記念し、東京都交響楽団とスクウェア・エニックスからすぎやま先生にサプライズを用意しています」

!!!

サプライズの内容は、「世界最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」としてすぎやま先生がギネス記録に認定されるというものでした! 84歳と292日だとかw

その場でギネス公式認定員から認定証の授与が行われ、会場はこの日最高の盛り上がり。授与式では、東京都交響楽団がファンファーレを演奏するという演出もありました。このファンファーレは、ヘンデルの「得賞歌」をベースにドラクエの序曲と大当たりのファンファーレをミックスしたスペシャルな編曲で、ドラクエ愛に満ちた最高の演奏でした!

この興奮冷めやらぬ中、調子に乗った(笑)すぎやま先生がアンコール演奏。1曲目は「エーゲ海に船出して」、2曲目はドラクエ11バージョンの「序曲」でした。ドラクエ11の序曲は、イントロがドラクエ1~3のイントロをベースにした新しいものに一新されており、ロト編の再来を予感させます。ドラクエ11の発売も徐々に近づいてきており、期待が高まりますね。

そんなこんなで、今回は30周年の節目にふさわしいメモリアルな公演となりました。本当に今回の公演を観覧できたことをうれしく思います。

コナミ

コナミスポーツクラブ

コナミ行ってきました。

今日は傾斜を付けずに平坦なコースを7.5km走破。体感的には先週の傾斜あり5kmの方がきつかったですね。

実は先週、会社の健康診断がありました。体重測定の結果、昨年の体重を上回る、異次元の数値を目の当たりにしました。これはまずい、ということで最近サボりがちだったランニングにもう少し真摯に取り組んでいきたいです。

【DQ10】セキュリティトークン紛失

DQ10

タイトルの通り。

セキュリティトークン(キーホルダータイプのやつ)を紛失しました。

スクエニのサポートページを見ると、以下のFAQがありました。

support.jp.square-enix.com

とりあえず解除する方法はありましたが、申請から対応までしばらく待つことになりそうです。

まずはもう少し家の中を捜索して、どうしても見つからないようならFAQに記載の方法で対処することにしようと思います。