新・けい坊の日記

DQ好きによるDQのプレイ記録。

【ライバルズ】バトルマイレージ消化中

DQライバルズ、バトルマイレージにある各職業でランクマッチ10勝のミッションをクリアするため、職業を変えながらランクマッチに潜っているのですが、これに苦戦中。

具体的な職業で言うと、盗賊で苦戦してます。タバサ型やデボラ型などバリエーションはあれど、最後はヘルクラッシャーに速攻を付けてリーサルを狙うというのが相手にバレているので、におうだち等で警戒されまくって簡単には決まらないです。除去手段の配分をミスっているのか、最後に息切れして除去手段が尽きてしまうケースが多い。

今のところ、盗賊では3勝まで。10勝が限りなく遠い。

【ライバルズ】レジェンドランク到達

今期は非常にあっさりとレジェンドランクに到達できました。連勝ボーナスのおかげで、ダイヤモンドランクが簡単に突破できますね。

バトルマイレージの職業ごとに10勝せよというミッション消化のため、適当にバトルチャンネルで拾ったククールを使っていたら、いつの間にかレジェンドに到達できてしまいました。期せずしてククールでのレジェンドランク到達を達成。まあ今回は参考記録か。

レジェンドランクで使ってみたいのは、まずはセレンを使ったミネアデッキ。しかしこれは自分の発想力では頭打ちになりつつあります。セレン使うくらいなら普通に占いミネア使ったほうが安定して強いということになってしまってます。

そこで、次に研究してみたいのは氷塊ゼシカ。決定力がないのが弱点で、ランクマッチで使っている人はほとんど見たことがありませんが、そんな中でも戦えるデッキを考えてみたい。

DQ11S

DQ11S、RTA風にクリアしたセーブデータを使って、過ぎ去りし日を求めた後の世界も遊んでます。

各地のサブイベントを適当にこなしながら、ニズゼルファ直前まで進めました。ちなみに、イシの村の復興イベントも終わらせて、同棲相手にはマルティナを選択しました。

今年の目標にも掲げていたように、DQ11Sでは何かやり込みをやりたいと思っていて、そのネタ探しも兼ねて、過ぎ去りし日を求めた後の世界をプレイしていたところでした。でもただ漫然と遊んでいてもネタは見つからないですね。

これからDQ11Sでやりたいこと。

  • ニズゼルファ撃破&追加裏ボス撃破
  • RTAチャート完成&通しプレイ
  • 全しばりプレイ
  • ???

訳あって12月は時間があるので、全部とはいかないまでも、できるだけこなしたい。

【ライバルズ】9弾闘技場ゼシカ10勝

DQライバルズ、闘技場でゼシカを使って10勝したのですが、そのときのデッキがあまりにも強かったので、ご紹介しようという記事です。

f:id:keibou18:20191205221730p:plain

f:id:keibou18:20191205221750p:plain

氷塊とシナジーのあるカードが奇跡的に集結して、さしずめフローラ氷塊ゼシカといったデッキが闘技場で完成しました。どこを取っても弱いカードがなく、隙のないデッキになりました。

このデッキを使ってみてわかりましたが、今弾の氷塊ゼシカの肝はアイスゴーレムですね。シルバリヌスやマヒャデドスのコストが一気に2下がるのがかなり強いですし、アイスゴーレム自体が2/4のステータスというのも悪くない。問題は、アイスゴーレムを安定して引けないことですね。

氷塊ゼシカの弱いところとして、氷塊を相手に利用されやすいという点もあります。特にピサロだと闇への供物の餌にされてしまうのがかなりの逆風。

もっとも、闘技場ではそういったことはあまり起こらないので、闘技場ではむしろ積極的に氷塊デッキを狙っていっても良いかもしれません。アイスゴーレムはレアリティがノーマルなので、割と集めやすいというのも利点。ただ、アイスゴーレムだけでは片手落ちで、少なくともマヒャデドスやシルバリヌスを引かないといけないので、やっぱり難しいか。

GABA終了

今年の目標のひとつとして英語力強化を掲げていて、そのためにマンツーマン英会話のGABAに通っていましたが、ようやく全60回のコースが終了しました。

英語が話せるようになったかというとそうでもないのですが、一応、自分の英語でも伝わるという自信を持てるようにはなりました。

当たり前ですがGABAのレッスンにただ出ているだけでは上達するものではなく、自宅での自己学習の方が大事で、レッスンはそれをアウトプットする場でしかない、ということは分かりました。ちなみに1レッスン当たり7000円くらいなので、単なるアウトプットの場としては高いよなあ、とは思います。

とは言え丁寧な指導付きで外国人と会話できる機会は日常には存在しないので、良い体験になりました。うまく話せず、次はもっと話せるように準備しようというモチベーションにもつながったので、ひとりで淡々と練習するよりは確実に成果は出ると思います。あとは費用対効果をどう考えるか。

【ライバルズ】フローラ流行

今月の目標はブログを毎日更新することです。よろしくお願いします。

最近のDQライバルズですが、フローラが大流行している模様です。フローラレベル2の効果が特技主体で戦うミネアやゼシカに刺さりまくるので、これらのリーダーが好きな私としては苦しい環境。

ミネアについては、これまでの記事でも紹介したように、セレンを軸としてあまり特技カードに頼らないデッキを作ってみてはいるものの、やっぱり流行しているデッキに比べると力不足は否めない感じです。

今月は連勝ボーナスなどのおかげでレジェンド到達の難易度がかなり緩和されているので、安易に強いデッキを使うことなくオリジナルのデッキで頑張りたいところ。

【ライバルズ】闘技場カミュ10勝

DQライバルズ、新職業のカミュが追加され、闘技場でも使用できるようになりました。

となればカミュでも10勝を目指すべし、ということで、何度かトライして10勝を達成しました。

f:id:keibou18:20191202230707p:plain

f:id:keibou18:20191202230727p:plain

ランクマッチでもよく見かける、マザーウッド+ヘルクラッシャーのコンボを闘技場で再現することに成功。しかもヘルクラッシャーを3枚もピックできたので、1~2枚は雑に使っても良いという余裕のあるデッキになりました。

そして目を見張るのは実に6枚ものぬすっと斬り。このカード、ランクマッチでも強いですが闘技場だと更に強力です。2点ダメージで除去しつつ手札も補充できる万能カード。

カミュで10勝を目指すなら今!

ぬすっと斬りに限らず、盗む系のカードは相手のデッキが強いほどより強力なカードを盗める確率が高まります。この点が闘技場との相性が良い。闘技場で10勝を目指そうと思ったら、相手の強いデッキと渡り合わなければならないですからね。

それから、カミュはまだ職業専用カードの枚数が少ないので、弱いカードが少ないというのも闘技場ではプラスに働きます。シンプルに敵にダメージを与える系のカードが多く、カミュというリーダーのコンセプトとして纏まっているので、職業専用カードをピックしているだけでかなり完成度の高いデッキが完成します。

これが第10弾、11弾と新しいカードが追加された後だと、全然違うコンセプトのカードをピックせざるを得なくなったりして、完成度が劣化してしまう可能性大。ということで、カミュで10勝を目指すのなら今やっておくのがお勧めです。

実際、今の闘技場はカミュだらけです。私の調査では、実に4割近くがカミュでした。単なる目新しさというよりも、強さで選ばれていると言っていいと思います。

おまけ

闘技場で全リーダーで10勝すると、「伝説の格闘王」という称号がもらえます。

f:id:keibou18:20191202233041p:plain