新・けい坊の日記

けい坊が日常を綴る日記。

DQライバルズの音楽

DQライバルズの音楽はすべて過去作品からの引用になっています。使用されている音楽を一覧にまとめてみました(第5弾時点)。

カテゴリ 曲名 出典 DQライバルズでの使用場面
【全般】 序曲IX DQ9 タイトル画面
間奏曲 DQ4 アップデート時
街の賑わい DQ2 トップ画面
地平の彼方へ DQ5 闘技場
カジノ都市 DQ5 カードパックオープン
フィナーレ DQ1 前期成績発表(月初イベント)
コロシアム DQ4 今期開幕(月初イベント)
【戦闘フィールド】 戦闘 DQ1 戦闘フィールド・竜王の城ドラゴンりゅうおう
遥かなる旅路 DQ2 戦闘フィールド・草原
戦闘のテーマ DQ3 戦闘フィールド・コロシアムやまたのおろち
ローリング・ダイス DQ3 戦闘フィールド・すごろく場
ほこら DQ3 戦闘フィールド・聖なるほこら
天空城 DQ5 戦闘フィールド・天空城
エーゲ海に船出して DQ6 戦闘フィールド・船
楽しい出逢い DQM 戦闘フィールド・星降りのほこら
【レジェンドカード】 竜王 DQ1 竜王(変身後)
戦い DQ2 アトラス、バズズ、ベリアル、ハーゴン
死を賭して DQ2 シドー
戦いのとき DQ3 バラモス、しんりゅう
勇者の挑戦 DQ3 ゾーマ
戦闘-生か死か- DQ4 クリフト、ライアン
ジプシー・ダンス DQ4 バルザックマーニャ
立ちはだかる難敵 DQ4 キングレオ
邪悪なるもの DQ4 エスターク
戦火を交えて DQ5 ビアンカ、フローラ、デボラ、パパス
不死身の敵に挑む DQ5 ゲマ
ずっこけモンスター DQ5 妖魔軍王ブギー
大魔王 DQ5 ミルドラース
勇気ある戦い DQ6 ハッサン、ミレーユ、バーバラ、チャモロ
魔物出現 DQ6 キラーマジンガグラコス、デュラン、ジャミラスダークドレアム
魔王との対決 DQ6 デスタムーア
血路を開け DQ7 マリベルガボ、キーファ
オルゴ・デミーラ DQ7 オルゴ・デミーラ
雄叫びをあげて DQ8 トロデモリーゲルダ
難関を突破せよ DQ8 ドルマゲス、魔犬レオパルド
負けるものか DQ9 ラヴィエル、リッカ、サンディ、ルイーダ
渦巻く欲望 DQ9 黒騎士レオコーン暗黒皇帝ガナサダイグレイナル
刃の旋律 DQ10 ヒューザ、マイユ、エステラ、クロウズ
渾身の力を込めて DQ10 ドラゴンガイア、ジュリアンテ、ゼルドラド、魔女グレイツェル
冥府の王 DQ10 ネルゲル
勇者アンルシア DQ10 アンルシア
ひるまぬ勇気 DQ11 カミュ、ベロニカ、セーニャ、シルビア、マルティナ、ロウ、グレイグ
果てしなき死闘 DQ11 ホメロス、屍騎軍王ゾルデ、覇海軍王ジャコラ
暗黒の魔手 DQ11 魔道士ウルノー
モンスターの戦い DQM わたぼう、ゴールデンスライム、ダークキング、グランスライム、ダイヤモンドスライム
(不明) DQヒーローズ ホミロン軍曹
【ヒーロー】 広野を行く DQ1 ロトの血を引く者・竜王一閃使用
馬車のマーチ DQ4 勇者ソロ・導かれし者たち使用
広い世界へ DQ8 勇者エイト・姫君との結婚使用
【その他】 おおぞらをとぶ DQ3 ラーミア復活
悪の化身 DQ4 進化の秘法使用

こうやって整理していくと、レジェンドカード使用時の音楽のチョイスに法則性があることが見えてきます。

  • プレイヤーキャラ → 通常戦闘曲
  • ボス → 中ボス戦闘曲
  • ラスボス → ラスボス戦闘曲

ボスの曲にもいろいろあるわけですが、そこは原作に忠実にチョイスされています。例えばバルザックは「ジプシー・ダンス」とか。原作と異なるのはドルマゲスとゼルドラドくらいか。

まだ登場していない戦闘曲もちらほらありますね。例えばDQ6の「敢然と立ち向かう」はムドーが実装される際に一緒に登場するのでしょう。意外なところではDQ7の中ボス戦闘曲「強き者ども」も登場していない。すなわちDQ7のボス敵からレジェンドカードが登場していないということですね。

ライバルズ

今日はTOEICを受験してきました。リスニングは結構できた気がしますが、リーディングはいまひとつ。英文自体は読めているのに、内容が頭に入ってこない。これは英語力というよりも国語力の問題のような気がします。

DQライバルズ

もうすぐ第5弾が出ますね。環境が大幅に変わってしまう前に、今使っているデッキを記録として残しておきます。

f:id:keibou18:20181118234917p:plain

元々はエステラを活躍させたいと思って考えたデッキ。なぜかエステラが5枚も手に入ったので、手元で腐らせておくのは勿体ないと思いました。

ドラゴン系の死亡カウントを稼いでエステラを変身させるのが狙い。メガザルロックでブロックしたり、天使の守りを付けたりして生き残らせます。更にはラヴィエルまで採用して、一度死んでも再入手できる手段を用意。

とは言え、エステラの変身はそうそう決まらないのが実際のところ。そのような場合でも勝てるようにチューニングしていった結果、上の写真のような形になりました。2~3コストのユニットを厚めにして序盤を安定させつつ、長期戦になっても息切れしにくいデッキになっています。死亡カウントはかなり稼げるので、最後は相手のダークドレアムをこちらのダークドレアムで返して勝利するパターンも多いですね。

とりあえずこれでダイヤモンド3までは到達しました。ここから先は第5弾になってからかな。

10月振り返り

大変いまさらながら10月の振り返りです。

ランニング

前回の記事でも書いた通り、初めてフルマラソンに出場し、完走しました。まずは目標達成といったところです。

ランニングの季節になり、本腰を入れて練習に取り組みたいところですが、膝の痛みは相変わらず。特にキロ5分を切るくらいのスピードで走ると、2キロくらい走ったところで痛くなる。しかしその後我慢してゆっくり走っていくと、だんだん痛みがなくなってくる。

こんな状態でハードに練習していいのかはわかりませんが、次は12月2日に幕張での千葉マリンマラソンに出場予定なので、無茶をしない程度に頑張ろうと思います。

ゲーム

DQライバルズの10月期はダイヤモンド1で終了。結局今期もレジェンドにはなれませんでした。

使っていたのはアリーナで、いわゆるアグロデッキ。いろいろ試した結果、これが一番勝てる印象でした。これで一気にダイヤモンド1までは行けたものの、そこから急失速。9月期もそうでしたが、ダイヤモンド1まで行くと呪われたように勝てなくなります。これがレジェンドへの洗礼か。

ゴールは遠いですが、躍起になってこのゲームに没頭するのも危険なので、これからも気長にレジェンドを目指していきます。

その他

社内の人事発令により、私が別の部署に異動となりました。新しい部署では英語が必要不可欠な模様。

いよいよ尻に火が付いたので、本格的な英語学習を開始することにしました。状況はこのブログにも書いていきたいと思います。

フルマラソン完走!

東北・みやぎ復興マラソンに出場し、完走しました!

fukko-marathon.jp

記録は4時間41分54秒。膝の状態を考えれば、6時間の制限時間内にゴールできれば御の字と思っていただけに、このタイムは悪くはないと思っています。

膝の痛みを抑えるためにとにかくペースは落とそうと考え、スタートからキロ6分ペースを維持していたのですが、それでも2kmくらいで右膝の患部が痛み始めました。これはまずい…

しかし耐えられないほどの痛みではなく、とりあえず行けるところまで行こうと、キロ6分ペースで走り続けていたら、10kmくらいで何故か痛みを感じなくなってきました。

20kmを過ぎたあたりで、右膝の患部ではなく、太ももやふくらはぎなど脚全体が痛み始める。これまでハーフマラソン完走時の痛みを考えれば、まあこれは当然なのですが、ここから更に20km走るというのが本当に絶望的に思えました。

30kmからは痛みと疲労がピークに達し、地獄のような苦しみでした。何とか2km走って、休憩して、を繰り返し、死力を尽くしてゴールまでたどり着きました。

想像以上の苦痛を味わい、フルマラソンの厳しさを身をもって知りました。それだけに、達成感も実に大きく、やりがいもありました。

あと、この大会はエイドが充実していました。はらこ飯、せり鍋、ほたての浜焼きなどなど、地元の特産品がフードとして提供されているのが最大の魅力です。元々記録狙いではなかったのでほぼ全部食べていきましたが、どれも非常に美味しい。

また、地元の住民の人々の沿道での応援がすごかった。心から歓迎してくれているなと感じられ、やる気も相当高まりました。

コースも基本的に平坦なので、記録狙いの人にもお勧めできますし、あらゆる点から見て本当に満足度の高い大会だと思いました。また来年も出場したいですね。

f:id:keibou18:20181020084140j:plain

▲ゴール時に贈呈されたメダル

9月振り返り

10月に入りました。9月末でクールビズが終了し、ネクタイを着用して出勤するのが大変億劫です。2年前までは10月末までクールビズ適用というのが経産省の方針だったと思いますが、なんで1ヶ月短縮したんですかね。

10月に入って数日経ちましたが、9月の振り返りをしたいと思います。

ランニング

10/14がフルマラソンですが、相変わらず膝の痛みがあり、ピンチな状況。

ほとんど練習もできていませんでしたが、今夜、恐る恐る7kmほど走ってみました。ペースはキロ5分20秒程度とかなり遅め。やはり右膝に違和感があるものの、以前あった刺すような痛みはなく、一応改善はしてきている模様。フルマラソンに向けて光明が差してきたかもしれない。

東北復興マラソンの制限時間は6時間で、今の足の状態からするとギリギリではありますが、なんとか完走を目指します。

ゲーム

DQライバルズのランクマッチ成績はダイヤ1の★1が最高到達点でした。せっかくダイヤ1まで行ったのでレジェンドを目指そうと思いましたが、その後負けが込んでダイヤ3まで落ちたのでやる気をなくして終了。

主に使っていたのは反転を軸としたククール。コンボ用のカードがうまく手札に来れば相当強いですが、逆に何もできずに終わることもあって、ストレスが半端ない。ただ、最近流行っているグレイナル軸のククールに対して強いのがメリット。

DQライバルズなど

先日、電車の中に業務用の携帯電話を落としまして、翌日に拾得物保管所に取りに行くという出来事がありました。

と書くと一文で終わるのですが、これを見つけ出すまでに紆余曲折ありました。携帯電話がないと気づいたときはめちゃくちゃ焦りましたね。当然会社に報告して、始末書モノですからね。ダメ元で東京メトロの保管所に電話して、見つかったときの安堵感はひとしお。駅員さんが神様に思えましたね。

DQライバルズ

闘技場にて、ミネア・ゼシカで相次いで10勝を達成!

f:id:keibou18:20180904181826p:plain

f:id:keibou18:20180904181845p:plain

ミネアのほうは、ドラゴン系に寄せたデッキをうまく作ることができ、圧巻の強さで勝ち進みました。つむじかぜ、バルンバなどで序盤に時間稼ぎをして、だいまどうからの超必中しんりゅうが決まればほぼ勝利です。しんりゅうはランクマッチでも強いですけど、闘技場だとさらに鬼のような強さです。

そのしんりゅうを2枚もピックできたので、強いのも当たり前か。本当は3枚目もピックできたんですけど、さすがに3枚は不要でしょう。

1敗したものの、それ以外はほとんど負ける感じがしなかったですね。

f:id:keibou18:20180904181911p:plain

f:id:keibou18:20180904181929p:plain

ゼシカのほうは、最初はあんまり勝てるイメージではありませんでした。低コストの特技カードに寄りすぎだし、肝心要の暴走魔法陣も1枚しかないし。しかしだんごスライムや魔力の奔流などデッキの回転力を高めるカードをピックできており、バランスはとれていました。

序盤を耐えて、魔法陣を敷いてから一気に畳みかける戦術がハマりました。まどうスライムからのメラ・ヒャド連打で不足しがちなユニットカードを補充できたのもいい感じ。ヘルシーサーもなかなかいい働きをしてくれました。

これまで闘技場でのゼシカであまり勝ててなかったんですが、今回のような特技カードもりもりのデッキのほうが勝ちやすいのかもしれません。