読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・けい坊の日記

けい坊が日常を綴る日記。

【DQ10】ドン・モグーラコインは何故値下がりしないのか

DQ10で昨日、暗黒の魔人が追加されたことで、ドン・モグーラコインはオーグリード福引きの2等に格下げとなりました。

それに伴い流通量が増え、コインの価格も下がることが予想されましたが、1月23日23時現在でバザー最安値が17万Gと、依然として高値圏を維持しています。昨日の日中は11万G台まで下がっていたこともあったのですが、ユーザの手元で大量に保有されていた福引き券の消化による一時的な流通量増大効果が一巡してからは再び上昇に転じています。

この理由は、以下の3点に集約されるでしょう。

  1. 大地の大竜玉に対する需要が大きい
  2. コイン同時投入により消費スピードが速い
  3. ドン・モグーラでの全滅率が高い

特に重要なのが3.です。私が野良でドン・モグーラと数戦した感触で言えば、ドン・モグーラでの全滅率は相当高いです。これは、魔・賢・賢・魔戦という速攻構成が広まったことによる弊害でしょう。この構成はうまくはまれば確かに速いのですが、ミスをすれば確実に全滅へと繋がる極めて危ういものです。

全滅へと繋がる直接的なミスは、準備が整う前に魔・賢が攻撃を始めてしまうというものですが、間接的なミスは他にも様々あります。例えば、「大地揺らしの回避タイミングを誤る」「混乱耐性の装備をしていない」「魔戦の魔力が低くフォースブレイクが入らない」などなど。こうしたミスによって攻撃の開始タイミングを逸し続けることで、途中で致命的なミスを誰かが犯して全滅するわけです。

こうしたリスクを抱える構成であるにも関わらず、野良での募集はほとんどがこの構成となっています。これは、多くのプレイヤーがこの構成でのスピード討伐という成功体験をしているため、この構成に固執してしまっているわけです(私もそんなプレイヤーの一人です)。その結果、一定の高い割合で全滅を繰り返し、コインを浪費しているのです。これが上記2.の要素と結合して浪費速度を加速させる結果、コインは値下がりしないのだと思います。