新・けい坊の日記

けい坊が日常を綴る日記。

いたスト30th

くだらない仕事が増加し、残業の嵐です。徒労感が半端なく、モチベーション低下が著しい。まあ前からモチベーションなんて薄かったんですが。

そんな状況なのでDQ11をやる時間がない、というかやる気力がなかなか湧かず、停滞気味です。しかし11月中には必ず通しを実行したい。

そんな中ですが、気晴らしにといただきストリート30thを購入しました。PS4版。

www.jp.square-enix.com

いたストをやるのは本当に久しぶりですが、やっぱり面白い。

DQ・FFキャラのコラボはPS2版のいたストSPなどで既に実績があるので、キャラのセリフも安定感がある。加えてボイス付きという豪華な仕立てになっているので、キャラゲーとしていたスト未経験の人にもお勧めできます。

また、ゲームの操作性も良いですね。スピード設定を最速にすればCPUの行動はあっという間に終わるので、テンポが良い。CPU戦なら1戦あたり30分もあれば終わるので手軽に遊べます。

ゲームのルールについては過去のDQ・FFコラボ版と同様。裏を返せば、DQ・マリオのコラボだった黒歴史Wii版からは修正されて元に戻ったことになります。Wii版は本当に酷かった。今作は問題なく遊べるので安心です。

残念なのは、コレクション要素が少ないことか。ゲーム内のコインを集めて使用キャラなどの要素を開放していくのですが、すぐに全て開放できてしまい、コインが余りまくる。一応、美術品として元ネタの画像を集めたりできますが、それも数が少なく、物足りないです。いたストSPであったサウンドプレイヤーも消滅しているし。キャラゲーとして、もう少し充実させて欲しかったところ。

高品質な音楽

何より良いのは音楽。DQ、FFの曲も、シンセサイザー音源ながらオリジナルの打ち込みとなっていて、これがまた出来が良いです。

選曲についても、極力元ネタを再現するようにチョイスされているのが素晴らしい。例えば、PSPいたストポータブルでも存在した魔列車のマップでは、前作では「幻獣を守れ!」でしたが、今作では「魔列車」が使われています。この曲あっての魔列車なので、雰囲気が高まりました。

使われている曲は今度一覧化してみようと思います。

オンライン対戦

オンラインでの対人戦も可能です。フリー対戦、フレンド対戦両方あり。

フリー対戦をやってみました。ゲームスピードはゆっくり目ですが、オンラインでの同期処理を考えればやむを得ないでしょうか。しかし、行動1回あたりの制限時間が600秒と非常に長く、遅延行為等が発生しないかは少々気がかりなところです。

フリー対戦を3戦やって、1位が2回、2位が1回でした。マップはトロデーン城が2回と魔列車1回。ランダムで選ばれたものなので、別にトロデーン城が好きな訳じゃないです。ここは目標金額が低くてレベルアップボーナスが占める割合が大きいので、結局は運ゲーになりやすい。

初心者っぽい動作の人もいましたが、基本的にはいたスト慣れしているプレイヤーが多い印象です。

総評

まだやり込んでいない中で総評を語るのもおこがましいですが、90点くらいあげてもいいくらいの出来だとは思います。音楽の良さだけでも十分に買う価値あり。