新・けい坊の日記

DQ好きによるDQのプレイ記録。

【ライバルズ】勇者杯

ふと思い立ち、昨日はDQライバルズの勇者杯を見に行ってきました。会場に滞在していたのは1時間くらいでしたが。

www.dragonquest.jp

猛暑の中にも関わらず、かなりの人が集まっていたように思いました。私が滞在していたのは13時台で、準々決勝が行われている時間帯でしたが、7割くらいの席が埋まっていたと思います。

座席数を多くするために大学の講堂での開催になったそうですが、そのトレードオフでメイン会場以外のスペース、例えば物販や飲食店などは一切なし。そこは少し残念なところでした。

その分、入場料は無料で、しかも来場者全員にトートバッグと第7弾プロモーションカードを配布していたのは良かったですね。なんだかんだでライバルズ儲かっているんでしょうか。ちなみに、私はゾーマのカードをもらいました。

8弾の情報も公開されました。英雄カードはまさかのビアンカ、フローラということで、これは楽しみではあります。ただ、パッと見そんなに強そうには見えないですよね。ビアンカとフローラという屈指の人気キャラなだけに、強さ度外視で課金してくれるだろうという目論見かと、そんな穿った見方もできてしまいます。

レックス、タバサも合わせると、英雄カードはDQ5のキャラが圧倒的な多数を占めることになりますね。主人公キャラだけだとすぐにネタが枯渇するので、こういうサブキャラを英雄にするのはいいですけど、そろそろ他の主人公も出して欲しいところではあります。

余談ですが、こういう公式のイベントでも入場料無料となると、いちユーザーが開催するイベントでお金を取るというのは現実味がないように思える。観客が居てこそ盛り上がるイベントが作れるわけで、観客はイベントの成功に欠かせないパートナーであり、入場料無料かつ来場特典を付けてでも来ていただくべき存在、という考え方。もちろんその裏には、本業でプレイヤー層から得た収益を原資としているという背景はあって、いちユーザーが開催するイベントとは収益の構造が違いますけど、観客の立場からすればそんなの知ったことではないので、お金を取るのは確実に客離れにつながる。ネット広告での収入が見込めるオンラインイベントならともかく、一般ユーザーがオフラインイベントを持続可能な方法で開催していくというのはかなり難しいんだろうな、とか考えました。