新・けい坊の日記

DQ好きによるDQのプレイ記録。

DQ11Sクリア

DQ11S、初回クリア。

PS4版のRTAチャートを踏襲して進めましたが、ほぼそのまま通用しました。

大きな差異と言えば、魔王誕生後の各キャラ別追加シナリオに絡む部分くらいのものでしょう。

追加シナリオそのものについて

以前の記事にも書きましたが、追加シナリオにおける戦闘の難易度は低め。様々な形で詰み防止のためのセーフティネットが敷かれているためです。

しかしながら、カミュ編だけはシビア。他のキャラのシナリオとは異なり、カミュ自身が弱いと、固定戦闘で普通に全滅するためです。はぐれメタルが出やすいという形でセーフティネットが敷かれていますが、RTAでは当然そんなの倒している時間はありません。

カミュ編への対策として、魔王誕生前に少し準備をしておく必要がありそうです。具体的には、クレイモラン城の王家のナイフを回収して装備させておくとか、防御力が高めの鎧・兜を装備させておくとか。そこまで激ムズという難易度ではないので、適当な有りものを装備させておけば大丈夫でしょう。

追加シナリオに起因する変更点について

Switch版では、魔王誕生イベント時に仲間キャラが持っていたアイテムは、追加シナリオでそのまま所持した状態となり、そのキャラが再加入するまでは主人公一行の手元にはない状態となります。

PS4版では追加シナリオがなかったので、魔王誕生イベント時の所持品は全て袋の中に入り、後続のストーリーで主人公一行がすぐに使うことができました。これは結構大きな変更点です。

例えば、冥府でのロウ戦では、ロウの杖を道具として使ってリホイミの効果を得るのが有効ですが、魔王誕生イベント時にロウの杖をロウに装備させたままにしておくと、ここで使えなくなってしまいます。

他にも、金策の面にも問題が生じてきます。各キャラの持ち物を売れるタイミングが遅くなってしまうためです。

こういった点を少し調査した上で、RTAチャートの整備を進めていきたいと思います。