新・けい坊の日記

DQ好きによるDQのプレイ記録。

ドラゴンクエストが如くクリア

龍が如く7、クリアしました。

Special Thanksとして、堀井雄二氏の他、三宅有氏、市村龍太郎氏の名前もクレジットされてました。もはやこれはヤクザの皮をかぶったドラゴンクエストだと言っても差し支えないのでは。

以下、簡単に感想を書いていきます。ネタバレあり。

シナリオ

大変面白かった。ヤクザを中心とした裏社会の物語なので、当然好き嫌いは人によって分かれると思いますが。

瀕死の重傷を負った上にホームレスになった主人公の春日一番が、どん底から這い上がって、仲間を集めて巨悪に立ち向かうという下剋上のストーリー。従来の龍が如くでは、孤高の主人公が単身で敵を倒すという内容でしたが、仲間の存在という点が今作の大きな特徴なのかなと思いました。

無法者が集う横浜・異人町の裏組織の真相を暴いていく中で、浮かび上がってきた表世界の悪人に対して勝負を仕掛けていく。徐々に情報量が増えていって、その度に思いもよらなかった展開に進んでいくのが非常に面白かったですね。

主人公の春日一番は殺人罪で18年間刑務所に入っていたという設定で、この社会のことについて何も知らないので、同じく何も知らないプレイヤーと目線が合っているのが演出のうまいところ。シナリオが進むごとに驚き、闘志を燃やす春日に対して自然に共感できるような作りになっています。

バトル

コマンド式RPG。ダウンしている敵に攻撃するとダメージが増えたり、範囲攻撃で近くの敵を巻き込んで攻撃できたりなど、アクション要素もあります。

ゲームバランスはというと、かなり大味。メインシナリオで戦うボスの経験値が圧倒的に多いですし、終盤には露骨な経験値稼ぎ施設が用意されたりするので、強制的にインフレさせられていく感じです。強力な回復アイテムを普通に店で買えるのも、その一端を担っています。ドラクエで言えば、世界樹の葉世界樹の雫を店で買えるようなイメージなので。

一方、このゲームのシビアなところとして、主人公の春日が倒れるとその時点で全滅というのがあります。敵によっては、春日を狙い撃ちしてくるような奴もいて、油断していると雑魚戦でも頓死したりします。春日が勇者のジョブで習得できる「勇者の執念」は、FFでいうところのリレイズの効果があって、必須級の技。転職によって様々な技を習得できるのがこのゲームの特徴ですが、こういった核となる強力な技を見極めて使っていくことが、攻略のポイントと言えるでしょう。

サブシナリオ

ある意味本編とも言えるのがサブシナリオ。圧倒的なボリュームがあって、かなりの手応えがあります。シリアスになりがちなメインシナリオに対して、サブシナリオはバカバカしいものが多くて、清涼剤として機能しています。

ミニゲームも多数ですが、その中でも特に重要なのが「会社経営」です。倒産寸前の製菓会社の社長となって、リストラやM&Aによって収益を増やし、株価を押し上げていくというゲーム。一定期間経過後にやってくる株主総会を終えると、その結果に応じて役員報酬を受け取れるというシステムです。会社が大きくなるごとに役員報酬が跳ね上がっていき、最終的には300万円までアップします。金策としては桁違いの効率。メインシナリオで、衆議院議員選挙に出馬するための供託金300万円を集めなければならなくなるので、実質的には会社経営を進めることは必須のイベントとも言えます。

まとめ

龍が如くシリーズは初プレイでしたが、非常に楽しめました。これまでの日記にも書いてきた通り、ドラクエ風の味付けが至るところでされているのが、私にとっては親しみやすいポイントでした。ドラクエ好きの方にはお勧めしたいゲームですね。